諸注意・アフターケア・衛生管理

◆施術前の注意事項について

■当スタジオでは18才未満の(学生)方への施術はお断りしております。
その為、ご来店の際には身分を証明するもの(免許証、保険証、パスポート等)をご持参下さい。

施術をお断りする場合

・18歳未満の方。
・妊娠中や授乳期間の方。
・HIV、肝炎等の感染症、アレルギー及びC型肝炎などの肝臓病、重度の皮膚病、糖尿病、心臓病、その他の疾患がある方。
(軽度のアトピーの方は担当医と相談の上)
・飲酒されてる方、薬物使用者など、こちらが不適当と思われる方。
・暴力団関係者の方及び、それに類似されている方。


日焼けについて

海、又は日焼けサロン等で過度に日焼けされている場合はタトゥーの施術ができませんので、ご注意ください。
インクの入りが悪く、インク本来の発色をしません。

日焼けが残っていると思われる方は事前にご相談ください。

体調管理について
前日は睡眠を十分に取り、なるべく体を休めてください。
タトゥーの施術は体力を消耗します。
睡眠不足、又は身体が疲労してる場合、筋肉が緊張し、痛みを感じやすくなってしまいます。
※当日体調の優れない時は、すぐにご連絡ください。

施術当日は、食事をしっかりととりましょう
空腹時は血糖値が下がっている為、リラックスできず、痛みに敏感になってしまいます。
施術当日は万全の体調で起こしください。
また施術の際の体の負担を軽減する為に、甘い食べ物を持参されるのも良いと思われます。
またコーヒーやエナジードリンクなどのカフェインが多量に入ってるものは、神経質になりやすいため、あまりお勧めできません。
中に市販の痛み止め(鎮痛剤)を飲むと痛みが軽減されるなどの都市伝説的な謂れがありますが、全く効果はありません。
逆に出血の増加を引き起こす原因となり得ます。

前日・当日の飲酒はNGです

アルコールによって身体が温まっていると、出血が多くなります。
血がインクを押し返し、インクの入りが悪くなり、色ムラ等の原因となりますので前日・当日の飲酒は絶対に控えましょう。

■ 当日は激しい運動などは控えてください。
アルコール同様、通常より体が温まっている状態ですと出血の原因となります。

服装について
汚れてもよい服装でお越しください。
タトゥーインクの汚れは落ちにくいです。
また施術部位にアクセスできる服装でお越しください。



アフターケアについて

施術後は必ずアフターケアが必要になります。
昔は彫った後には熱いお風呂に浸かって、アフターケアは一切しなくてよい!
殺菌のために塩を塗り込んでおくとよい!
などと、とんでもない噂もありましたが、決してそのようなことはございません。
むしろ、アフターケアによって刺青の発色がかなり左右されます。

施術箇所が完治するまで、約2週間~3週間はかかりますのでその間は海、プール、温泉、不衛生な行為は避けてください。
施術箇所は擦り傷のようなものですので、そこからばい菌やウイルスに感染してしまう可能性もございます。
もちろん日焼けもNGです。
特に最初の一週間が重要となります。
その間はなるべく乾かさないようにしてください。
かさぶたができてしまうと、インクも一緒に剥がれてしまいますので、その間の保湿が重要となります。


お客様がご用意するもの

■傷薬
〇 フルコート、テラマイシン、ドルマイシンなどの抗生物質の入った傷薬。
肌の弱い方は薬によってかぶれを引き起こす場合もありますので、
ワセリンなどの保湿剤やオロナイン軟膏でもかまいません。
〇 サランラップ(塩化ビニル樹脂のもの)
〇 サージカルテープ
上記のものは、だいたいのドラッグストアにて購入できます。

■施術当日
施術終了後は当スタジオにてワセリンや傷薬を塗り、サランラップを巻いて帰宅していただきます。
施術後二時間~三時間経過後、シャワーにて施術箇所を綺麗に洗い流してください。
その際に、施術箇所の”てかり”がなくなるまで洗い流してください。
てかりがかさぶたの原因となります。

施術箇所を冷やそうと冷たい水などで洗ってしまうと、血が固まってしまい、かさぶたの原因となりますので、なるべくぬるま湯で洗い流すようにしてください。
洗う際はボディソープなどをよく泡立てて、優しく手で洗い流すようにすると、痛みが軽減されます。
ボディスポンジなどはなるべく避けたほうがよいでしょう。
※当日は湯舟には浸かるのはNGです。身体が温まり出血の原因となります。

シャワー後はキッチンペーパーなどで水分を取り、傷薬を厚めに塗り、サランラップを巻きサージカルテープで固定します。
※ガーゼ、絆創膏などは皮膚に付着してしまう恐れがありますので避けてください。
※サランラップを巻いたまま一日以上放置しておくとかぶれの原因となりますので、こまめな交換を心掛けてください。
※数日シャワー時に彫ったインクが落ちる場合もありますが、完成に影響はありません。

施術後当日は飲酒、運動はお控えください。
身体が温まり出血の原因となります。

■二日目
朝は必ず洗い流してください。
前日と同じく”てかり”がなくなるまで洗い流し、薬、または軟膏を塗りサランラップにて保湿してください。
途中お昼休憩などに張り替えることをお勧めします。
夜の入浴時も同じくシャワーのみで、前日と同じ手順にてケアしてください。
入浴後のサランラップはもう必要ありませんので、乾燥を防ぐため薬や軟膏を厚めに塗ってください。
※この時まだ出血が見られるようでしたら、ラップを翌朝まで巻いてください。
またなるべく飲酒も控えたほうがよいと思います。

■三日目~
朝は必ず洗い流してください。
前日と同じく”てかり”がなくなるまで洗い流し、薬、または軟膏を薄く塗り、数時間して乾きそうになったら軟膏を塗るを繰り返してください。
面倒ですがこれが大事なことです。
夜は出血がないことを確認してから、湯舟に浸かっても大丈夫です。
少量のアルコールなら三日目から可能と思われます。

■四日目~一週間
個人差がありますが、このあたりから表面の皮膚の脱皮が始まり痒くなってくる頃です。
仮にかさぶたができてしまった場合は、そのまま放置し、自然に剥がれるまで待ってください。
無理に剥がしてしまうと、かさぶたにインクが付着して剥がれ、色抜けの原因となります。
※痒くてもかかないようにしてください。
まだ表面の皮膚が薄いため軟膏等で保湿してください。

■一週間~
この頃になると、皮膚の表面はだいぶ落ち着いてきます。
個人差はありますが、痒みがある場合は軟膏等で保湿することをお勧めします。
インクが定着するまでは一か月以上はかかりますので、その間は直射日光、また日焼けサロンはお控えください。

※上記はあくまで一般的な流れですので、個人差はあります。


刺青は彫った時点の色より必ず薄くなります。
お客様のアフターケアにより、それを最小限に抑えることができますので、ご面倒ですがしっかり行うことが大切です。

ご不明な点があればお気軽にお問合せください。


◆衛生面について

当スタジオでは徹底した衛生管理を行っております。
針、インク、インクキャップ等は完全使い捨て。

超音波温熱洗浄装置を使用し、施術前の針等の洗浄を行っております。

オートクレーブ(高圧高温滅菌装置) を使用し、器具の完全滅菌を行っておりますので、感染ウィルス等の心配は全くございません。

ステリライザー(紫外線殺菌装置)を使用し、タトゥーマシン、グリップチューブ、針等の保管をしております。使用前の針、グリップチューブは滅菌パックに保管しております。

触れる器具類については、ビニールカバーをかけ随時交換しております。

上記の衛星面について疑問や質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
お客様がご理解いただけますよう丁寧にご説明致します。
   


予約について

予約時に、施術箇所、デザインのイメージをお伝えください。
※顔、陰部等への施術はお断りしております。